2012年05月08日

PSSuiteいぢり、途中経過。

コンバンワー
スッキリしたからこんな時間に更新っ

タイトルの通り、現在開発中のAndroidアプリのPlayStationSuite(PSS)移植関連デス。


前回更新時(4/21[土])に『今日明日で移植できるかなー』とか思ってたんですが、
次の日、1日中移植作業やってたおかげで、ゲームできるレベルまで移植できましたw
サウンドとか解像度対応とかは流石に間に合わなかったけどね!

サウンドは後日すぐに移植完了。
AndroidのSoundPoolも結構シンプルでしたが、
PSSのAudioライブラリは更にシンプルw
ほんの数行追加するだけでSE再生できるとかすばらしい。
専門学校生の頃、DirectSoundでSE再生するのに苦戦しまくったというのに…(涙

解像度対応は、最初に考えてた方法が綺麗に表示されなくて暫く詰まってました('A`)
が、先ほど解決してスッキリw
この対応がAndroid版でも使えたら万々歳なんだけれども…
PSS版はAndroid端末上でも動くワケだから、使えるとは思うけどネ!

あとAndroid版から移植が済んでない部分は設定画面かな。
これは時間かかりそうだから、Android版がある程度進んでからやろうと思ってます。



ある程度PSSを弄った感想…

ノーマルな2Dシューティング(未完)とはいえ、
ある程度出来上がってるシューティングゲーが2〜3日で移植できたんで、
かなり良いプラットフォームに出来上がっているのではないでしょうか?

SDKはシンプルな作りで凄いわかりやすいし、ドキュメントもしっかりしてる。
個人的には英単語が馴染みのあるものばかりで作業しやすかった。
ゲーム開発じゃ大体どこも似たような名前になるのかもしれないけどw


個人的にPSSアプリでキツそうだと思うのはAndroid端末で実行した際の操作。
PSSには「On Screen Controller(OSC)」っていう
タッチパネルで操作できるコントローラがあるんだけど、
これが使い辛いのなんの…
主にアナログスティックw

自身のAndroidアプリでもほぼ同じモノを作ったけど、同じく操作し辛かった。
□やら△の単純なボタンは問題ないんだけど、
アナログスティックの操作性の悪さは無い!ない!ナーイ!(´Д`)
もしアナログスティックを使うようなゲームを作る場合は注意が必要です。
PSVitaでしか動作確認してない人で、アクション性の高いゲーム作ってる人は要注意!

あとOSCにはデュアルスクリーン用設定もあるよ!
きっと…というか絶対「Sony Tablet P」シリーズ用w


PSS版はAndroid端末をターゲットに加えるかどうかで凄い作業量変わりそう。
PSVita専用アプリとか作れるかわからんけれども、
最初から考えてコーディングしておいたほうが無難かもね。




うーん、やる事山積み(´・∀・`)
posted by 犬アキ at 04:10| Comment(0) | ゲーム開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。